専門学校はどういった人が向いている?

専門学校と大学の違いって?

大学は、学部や学科などが決まっていますが、幅広い知識や教養を身に付けることができます。日本は学歴が重視される傾向がありますが、大学を卒業していると就職で有利になることがあります。大卒は専門学校卒や短大卒に比べると、初任給が高いかもしれません。4年間じっくりと学ぶことができるので、社会に出た時に必要な知識を身に付けることができます。専門学校は、専門のカリキュラムを学ぶ高等教育機関です。看護を学ぶのであれば看護専門学校となり、医療事務を学ぶのであれば医療事務専門学校となります。専門学校の教育課程の年数は、1年制から4年以上のものまで様々です。資格が取得できる学校もあり、専門的な知識を学べるという特徴があります。

専門学校に向いている人ってどんな人?

希望する職業に就くための、技術や知識を集中的に学ぶことができるのが専門学校です。大学に比べて、実践を通じて知識を深められるというメリットがあります。実習で経験を積むことができ、大卒に比べて即戦力となるため、企業からも信頼されています。やりたいことがはっきりしていて資格を取得したい人や、必要な知識や技能を身に付けたい人が、専門学校に向いていると言えるでしょう。やりたいことが決まっていない人や、勉強することでやりたいことを見付けたい人は、大学の方が向いているかもしれません。これからどの学校を選択するかによって、将来が大きく変わります。まずは「何をやりたいのか」「どうなりたいのか」じっくり考えることから始めましょう。

© Copyright Vocational Training Center. All Rights Reserved.