専門学校と大学で学べることの違い

専門学校で学べることとは?

専門学校というのは、「専修学校の中で『専門課程』を置いている学校」です。
文字だけではわかりにくいと思いますが、ようは「専門的な技術・教育を受ける学校」ですね。
各職業や各分野に精通していて、就職先と直結しているものもあり、就職率が高いのがメリットとしてあげられます。

例えば、自動車整備。座学だけではテクニック、技術は身につきませんよね。
専門学校では実技授業が豊富で、現場で役立つ高度な技術を学ぶことが出来ます。
そうです。専門学校は現場で役立つ「即戦力」を育てられるメリットがあります。

また、専門学校は大学よりも遥かに多く存在します。現代社会における様々な職種に対応する事ができます。
特定分野に絞った勉強が出来るため、将来の夢にも直結することになります。

大学で学べることとの違いは?

大学とは「学術的な研究を行う機関」です。専門学校と大きく違うところは、一つの分野だけでなく幅広く学ぶことが出来る点です。また、「教養」を身につける意味が強いですね。
もちろん、専門学校のように一つの分野を専門的に学ぶことも出来ます。医科大学などがそういう学校にあたります。
大学では幅広く学問を学ぶことによって同時に幅広い視野を学ぶことにも繋がります。

かわって専門学校では、実技実習の割合が多く多いところでは70%を超えることもあります。また、企業先へのインターンシップもあり、実際に現場での仕事を学ぶことになります。

簡単にまとめると、大学では「学問」を学び、専門学校では「技術」を学びます。これが大きな違いですね。

© Copyright Vocational Training Center. All Rights Reserved.